So-net無料ブログ作成
手抜き ブログトップ

たわごと連発 [手抜き]

おはようございます。富山は相変わらずの空梅雨。

そのせいか、二万坪の広大な庭に害虫が大発生し、庭師さんに薬を散布して
いただきました。雑草も大量発生しているし、このhorigon、自然の脅威に畏敬
の念を抱く次第です。

家族は、ワタクシが、訳もわからず、“ついていないぜ”などと口走り、何にでも
当たり散らしていると言っていますが、ま、教養のない我が家の女子供に、僕の
真意は理解できないのでしょう。

いずれにしても、今週は、能天気のgonながら、とくに仕事を通じて、人生のことや、
その運不運について深く考えさせられる一週間となりました。

詳しくは述べませんが、人生とは辛い理不尽なことの合間に、降って湧いたように
刹那の幸福があるという、極めて哲学的な教えを、このgonめは、ようやく悟った
ということなのでしょう。

その崇高なる宇宙の教えを受けたい方は、1回250円をお布施として納めていた
だければ、ガリ版刷り、豪華教本を進呈いたす・・・・かもしれません。
なお、振込は、ニャンコ銀行ゴン支店 堀 ウリの口座まで(爆)。



話は変わって、年の初め、わが町内会費が、600円から千円に値上げという議題が
提案され、激論の末、可決されました。値上げ金の使い道は、主に、公民館の建替え
資金の積み立てとなるそう。

町内会長さんは、会長職生命をかけ、この値上げを完遂すべく、毎週のように住民に
説明会を開き、民主的な合意を経て、ようやく値上げに至りました。

僕は、消費税増税は、いずれ必要不可欠と思いますし、原発再稼動も現時点では
やむを得ないと思っている人間です。

が、・・・・しかし、・・・誰も気にもかけていない自分の政治生命を勝手にかけ、今まで
公約していたことを果たさない、もしくは、インチキ手法で棚上げして、頼まれもして
いない増税を、自民党+おまけ党と野合して決めるとは、国民不在で、とても納得の
行くものではありません。

野田さん・・・否、・・・ブーちゃん。今からでも、うちの町内を参考にしたらいかが?!
パンパカパン、今週のハイライトでした。・・・古くて、誰も分からんだろうなぁ(笑)。



(おまけ)

これ何だか分かります。

utiwa.jpg

最近は、役所でも銀行でも、郵便局でも、機械から番号札を取って待たされます。
これは先日、仕事で行った高岡市役所の待合の番号札。

待っている間は、この番号札の団扇で涼んでください・・・ということでしょうか。
省エネを進めるにしても、これくらい粋にやってもらいたいものです。座布団3枚進呈。

そうそう、涼、といえばこれ。

mago.jpg

孫も生れて2ヶ月が過ぎました。体はムチムチだけど、僕の一服の清涼剤です。

今日はこれまで。ジャン、ジャン。






nice!(16)  コメント(17) 
共通テーマ:日記・雑感

秋刀魚のこと [手抜き]

おはようございます。
紀子様、親王様ご出産、おめでとうございます。
いろいろと世間が騒がしくて、ご苦労も多かったことでしょうが、一安心されたことでしょう。
それと、このような慶事がきっかけで、少しは少子化に歯止めが掛かればよろしいですね。

さて、話は変わって、食欲の秋ですね~。
先日からスーパーでよく太った秋刀魚をよく目にしますが、美味しいから買ってくれと、
僕に語りかけているように思えてなりません。

でも、僕には秋刀魚を焼く技術が無いし、家族が帰る時間がマチマチなので、どうしようかな。
だって、半焼けの冷めた秋刀魚なんて美味しくないですよね。

ところで、この季節、秋刀魚と言うと佐藤春夫の歌を思い出します。

秋刀魚の歌   佐藤春夫

あはれ
秋風よ
情あらば伝えてよ
― 男ありて
今日の夕餉に ひとり
さんまを食ひて
思いにふける と。

さんま、さんま。
そが上に青き蜜柑の酸をしたたらせて
さんまを食ふはその男のふる里のならひなり。
そのならひをあやしみなつかしみて女は
いくたびか青き蜜柑をもぎて夕餉にむかひけむ。
あはれ、人に捨てられんとする人妻と
妻にそむかれたる男と食卓にむかへば、
愛うすき父を持ちし女の児は
小さき箸をあやつりなやみつつ
父ならぬ男にさんまの腸をくれむと言ふにあらずや。

あはれ
秋風よ
汝こそは見つらめ
世のつねならぬかの団欒を。
いかに
秋風よ
いとせめて
証せよ かの一ときの団欒夢に非ずと。

あはれ
秋風よ
情あらば伝えてよ、
夫を失はざりし妻と
父を失はざりし幼児とに伝えてよ
― 男ありて
今日の夕餉に ひとり
さんまを食ひて
涙をながす、と。

さんま、さんま、
さんま苦いか塩っぱいか。
そが上に熱き涙をしたたらせて
さんまを食ふはいづこの里のならひぞや。
あわれ
げにこそは問はまほしくをかし。
 

ご存知の方も多いと思いますが、これは佐藤春夫が人妻との恋の苦い思いを歌ったものですが、
僕の好きな歌のひとつです。
人妻とはかの谷崎潤一郎の奥さんなのですが、詳しいことは下記サイトでご覧ください。

「佐藤春夫の恋」

しかし、なんですな。文豪や有名人と呼ばれ社会的に地位のある人が、必ずしも行いが
立派ではないと言う見本のような話なのですね。

僕はと言うと、人妻への横恋慕を空想するぐらいしか出来ない小市民ですので、せいぜい
秋刀魚の付け合せに、レモンが良いか、大根おろしが良いかなどと悩むのがお似合いの
ようであります。(@Д@; アセアセ・・・




blogランキングに協力ください
ポチッとお願いしますニャ!


nice!(6)  コメント(19)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
手抜き ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。