So-net無料ブログ作成

ウリ君の秘密ほか [日常]

暑い日が続きます。ここのところ連日、夏日の富山ですが、5月の後半でこれ
ですから、本番の7月からは一体どうなるのでしょうね。

さて、暑いといえば、我が家で困るのは、デブで暑がりの所長とこの方。

urikun_1.jpg

そう、ウリ事務員であります。一年中、毛づくろいが欠かせない世話のかかる
彼でありますが、夏毛にほぼ変わっても↑の状態ですからたまらないでしょう。

そのウリ君は、時折、狂ったように廊下を走り回り、玄関で止まろうとするも、
勢い余って玄関のタイルに激突しています。まるでその様は、毛玉の肉塊が
弾丸のように廊下から玄関に飛んでいくようであります(笑)。

表題のウリ君の秘密・・・そんな大層なものではないのですが、実はウリ君の
手足の肉球は深い毛で覆われています(足毛とでも言いますか・・・笑)。

で、勢いがつくと、普通の猫なら肉球でブレーキがかかるのですが、彼のは
以下のとおりブレーキがかからないのです(爆)。

urikun_2.jpg

けっこうニャン子は見てきたつもりですが、手と足の裏まで毛がびっしりなのは
はじめて見ました。

ちなみに、ウリ君、定期的にお尻の回りの毛もカットされています。
そうしないと、おトイレに際、長い毛にウサギのするようなコロコロのウ〇チが
付くことがあるんです(爆)。何とも厄介だね、君。

あはは、今回も何の益もないお話でした。



話しは変わって、・・・
仕事上でクーリングオフを依頼されることがあります。
基本的に、物などを購入したり、契約をしてから一定期間内であれば理由の
有無を問わず購入、申込みの撤回や契約の解除が出来る制度です。

その内容は、ほとんどがお年寄りを狙った訪問販売や、幼児の居る家庭での
高額な教材の販売などでした。我々の仕事の手続としては、販売業者に内容
証明郵便で契約解除する旨を知らせること、また、分割契約を結んでいる場合
などはそのクレジット会社等にも同じような手続きをします。

しかし、最近は、こういう直接の販売手口が減り、報道にもあるとおり、注文も
していない商品を勝手に送り付け、代金を強引に請求する手口の“送り付け
商法”なるものが横行しているとか。

これはもちろん、注文もしていないのですから、買わないと拒否すれば良いで
すし、仮に誤って購入した場合も、冒頭のように、一定の期間内ならクーリング
オフの対象になります。

個人情報が、本人に意図せず溢れかえる世の中。
“母さん助けて詐欺”でしたっけ。名称の良し悪しはともかく、上記と同じく、悪い
ことだと分かっていても、楽をして儲られることなら何にでも飛びつくバカ者たち。

まったく嫌な世の中です。

もし、こういう問題にお困りなら、とりあえず、全国にある消費生活センターや
最寄の警察にご相談になるのがよいでしょう。

えっ?! そんな能書きはいいけど、最近、とみに記憶力が低下している
ホリゴンの旦那が一番危ないんじゃないの?

ええ、仰せのとおりです。自分に言い聞かせておるんです。(A;´・ω・)フキフキ













nice!(10)  コメント(13) 
共通テーマ:日記・雑感

連休&少し気になること [日常]

ご無沙汰しておりました。いつの間にかツツジの季節となった富山ですが、
相変わらず寒暖の差が激しいですね。

tutuji.jpg

みなさま、連休はいかがお過ごしだったでしょう。
個人的には、親類に不幸があったりして、それはそれで大変だったのですが、
やはり、孫に会いたくて奈良に行っておりました。

それ以外は、2万坪の広大な敷地内にある畑を耕し、トマトやキューリなどを
植えて過ごしておりました。

そんな中、やはり最大の収穫は、孫に泣かれなかったこと(笑)。
それどころか、ジジ・ババと3人でお散歩や買い物まで行ってくれましたから、
当方としては大満足。

k_tyan.jpg

で、気をよくして財布の紐まで緩み、娘に散々にたくさんの買い物をさせられて
しまいました。まぁ、親として、ジジ・ババとして、そんなことが楽しくてならない
んですけどね。



久し振りの更新の割りに、特別な話題もありません。
ただ、ラーメン国の党の機関紙で、あろうことか沖縄まで自国の領土だと言い
出したことが不愉快でなりません。

キムチ国も同様。どうやらこの両国、自説を通すためなら歴史的認識とか言って
平気で嘘をつくのは共通しているようです。

安倍首相は、前政権と違い、わりと物怖じせず毅然とした発言や対応をして
いらっしゃるようですから、政府の対応についてはそんなに心配はしていませんが、
言いようのない怒りが湧いてきて、ますます、あの両国が嫌いになりそうです。

欧州では、やはり敗戦国のドイツやイタリアは近隣諸国を侵略したり併合した
歴史がありますが、現在においても周辺国は非難をし続けているのでしょうか。
(僕は、欧州事情に詳しくはありませんが、是是非非で総括は終えているので
はないのでしょうか・・・移民に反発して、ネオ・ナチが勢力を増すなどという
憂いべき現実はありますが・・・。)

片や、いまだにラーメンやキムチのように、何度も謝罪をされ、無償援助、資金
の貸与、経済協力を散々受けてきた挙句、日本非難を政治的(特に自国民に対し)
に利用しつづけるあの国々はいったい何なのでしょう。

まぁ、ラーメンに関しては、いろいろと言わずとも、事故を起こした新幹線を埋めよう
としたお国柄がすべてを物語っているし、キムチは生れたままの自然の姿を替える
のが当たり前の整形大国。他人のことばかり攻撃しないで、まずは、ご自分のことを
反省されてはいかがでしょうね。

短いですが、今日はこれまでです。






nice!(8)  コメント(9) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。